比較的簡単な作業で働ける

スーパーでよく見かける「試食販売」ですが、もちろんバイトとしての募集もあります。

 

一見すると簡単に思えますが、決して楽にできる仕事ではありません。「楽な仕事はひとつもない」と言いますが、まさにその通りです。

 

試食販売のアルバイトで多くの人が「つらい」と思うのは、お客さんに無視されてしまう時なのだそうです。声をかけても振り向いてもらえなかったり、ちょっと見られただけでそれ以上の反応がなかったり。

 

試食販売のバイトを始めたばかりだとくじけてしまいそうになるでしょう。ですが、実はお客さんに振り向いてもらうコツがあるのです。

 

それはターゲットです。例えば「お菓子」の試食販売をしている場合、大人よりも子供の方が興味を示してくれます。ですので“親子連れ”のお客さんを中心に声をかけるのがコツです。

 

「食材」なら、買い出しに来ている主婦がターゲットですね。どういう商品なのかを説明してから食べてもらうとよいでしょう。

 

また、興味を示していそうなお客さんを見逃さないようにするのもポイント。試食に慣れていないお客さんもいるので、こちらから声をかけてあげて下さい。

 

それからどんな仕事でもそうですが、笑顔を忘れてはいけません。試食販売は特に明るさが大切となるので笑顔を保っていきましょう。